車検は部品交換だけ?

車検とは普通に経年劣化する部品をただ変えるのではなく、走行に問題がある部品が基準にそぐわない劣化をしていた場合ほぼ強制的に交換させられます。例を挙げるならばブレーキ関係やミッション関係です。また今は大丈夫だけど次の車検がある二年後まで持ちそうにない場合は車のオーナーに聞き、そのまま乗ると言ったらそのまま返しますし、交換すると言ったら交換をします。もちろん有料ですけどね。特にタイヤの劣化は命に直結するので早めの交換を勧められます。

ここ数年の車に多いこと

昔の車と違ってある程度高額な車になってくるとミッションやブレーキとナビゲーションが連動している場合があります。またこのうちどれか一つがダメになると走行に支障をきたしてしまうなんてこともあるので、請求内容では一見走行と関係ないようなパーツも載っていたりするのです。車検とは直接関係ありませんが、マルチナビゲーションシステムがついている車は純正のCD・DVDデッキが故障するだけで画面が真っ暗になり反応しなくなるなんてこともあるので車検の際交換を問われることもあります。

今はお金がないから・・・

車検は5ナンバー以上になるとそれなりにお金がかかりますよね。軽自動車と3ナンバーの車のブレーキパッドでは大きな金額の差がありますし、エンジン関係は天とほどの差があることもあるのです。車検を受ける前にお店の方が一通り点検し見積もりを取ってくれますが、その中にはエアコン関係やオーディオ関係など関係ないものまで入っていることがあります。しかし交換の有無を聞かれますし、断ったからと言って無理に進めてくることもないので、安く済ませたいときはちゃんと伝えたほうがいいですよね。

車検を安くしようと思って血眼になって業者を探すよりも、ディーラーのパックメンテナンスの方が安く済む場合があります。特に車の知識が乏しい方にはおすすめですよ。